ヒアルロン酸注射で関節痛改善とお肌のアンチエイジング

ヒアルロン酸注射というのをご存知でしょうか。ヒアルロン酸は100万以上にもなるといわれる分子量を持つ物質で、それを体内に注射することで体の治療や美容に役立てます。

ヒアルロン酸注射で最も一般的に使われる目的のひとつは、関節炎などの治療の一環としてのものでしょうか。もともと人間の体内に自然に存在しています。関節においては軟骨がスムーズに働くために無くてはならないものなのです。しかし、加齢とともにしだいに減少していき、そのことが動きづらさや痛みの原因になってしまいます。注射によって直接的に関節に補うことで、痛みや炎症を抑える効果が得られるのです。特に膝や肩など、年齢を重ねるにしたがって痛みが出やすいところを改善するために使われます。

もうひとつ一般的に知られている使用目的は、お肌のアンチエイジングを目指すというものです。人間の皮膚の内側に注射することによって、保湿性や柔軟性が高まります。分かりやすい使用例ではほうれい線を目立たなくするようなものが人気のようです。永続的な効果は残念ながら期待できませんが、小さな針を使った方法なので傷跡が残ることもなく、安心で安全な美容施術として多くの女性に支持されています。